CONTENTS
Heating News
Hits Counte
今日 : 531
昨日 : 584
今週 : 1615
今月 : 19161
総計 : 1797804
平均 : 609
From2007.09.13
     
TOP  >  つれずれBlog  >  社長  >  銅管床暖房の腐食、液漏れ  >  銅管の床暖房パネルの腐食例

社長 さんの日記

2010
12月 9
(木)
21:52
銅管の床暖房パネルの腐食例
本文
最初に当社では銅管の床暖房の販売は行っていません。
高崎市のリフォーム現場で漏水をして使えなく成った銅管の床暖房パネルを剥がして、当社の樹脂配管の床暖房パネルを取り付けてきました。
 このお宅は床暖房がリビング、ダイニング、キッチンに取り付けて有ります。
キッチンとダイニングで不凍液が漏れ出して床材を濡らしてしまうので交換することに成りました。
詳しい年数は分かりませんが築十数年は経っていると思われます。
 お客様にお話しを聞くと不凍液は特に交換した事は無いということでした。
銅配管を使った床暖房では接続箇所から漏水したり、配管にピンホールが開いて漏水する事が有ります。
不凍液の管理はしっかりしたいものです。
 
 当社の床暖房は全て樹脂配管を使い、隠蔽部での接続は行っていませんので配管が腐食して漏れたり、接続箇所で漏れ出してしまい修理出来ないと言う事は有りませんのでご安心下さい。

閲覧(9431)

新しくコメントをつける

題名
お名前   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

«前の月次の月»
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
アクセス数
1805182 / 日記全体
RSS配信
社長 さんの日記



 
     
pagetop
ID : Pass :  | register