CONTENTS
Heating News
Hits Counte
今日 : 27
昨日 : 925
今週 : 27
今月 : 20847
総計 : 1825880
平均 : 612
From2007.09.13
     
TOP  >  つれずれBlog  >  社長  >  床暖房ランニングコスト  >  床暖房のランニングコスト

社長 さんの日記

2010
12月 28
(火)
21:51
床暖房のランニングコスト
本文
今朝は、私が住んでいる群馬県藤岡市でも気温が0℃になりました。
車のフロントガラスが凍ってしまい大変でした。
 さて今日は床暖房のランニングコストについてお話します。
床暖房のランニングコストは使うエネルギー(電気、ガス、灯油)の単価と住宅の断熱性能とエネルギー消費効率(COP)で決まってしまいます。
住宅の断熱性能が良ければ、暖房の負荷が少なくなりランニングコストもお安くなります。
使うエネルギーが高ければランニングコストももちろんた高くなります。
エネルギーの単位MJ(メガジュール)での単価は
 *灯油      2.0円
 *深夜電力   2.5円
 *都市ガス    2.6円
 *プロパンガス 4.1円
 *電気      6.7円
   となり灯油が1番安く電気が1番高くなります。

 次にエネルギー消費効率ですが、灯油ボイラーやガスボイラーのCOPは0.85〜0.9です。
ヒートポンプのCOPは3程度となります。
 エネルギーで1番高いのは電気ですが、ヒートポンプを使うと気温0℃のCOPを2として計算しても、6.7÷2で3.3円となり都市ガスの次に安くなるのです。
ヒートポンプの効率は外気温7℃の性能ですから、外気温が0℃となる今頃ではもちろん効率は低下して実際のCOPは2程度で計算するのが良いと思われます。
 次に深夜電力とヒートポンプを組み合わせて見ると、2.5÷2は1.3円となり低コストの床暖房となりそうです。
深夜電力は23時から翌日の7時までですから他の時間帯は高い電力を使う事になります。
又、ヒートポンプは灯油ボイラーに比べて温水の温度が低く連続運転を必要とし運転時間は長くなりますが灯油と同等程度のランニングコストは期待出来そうです。

床暖房のヒートポンプは価格も灯油ボイラーに比べ高価ですが、少しずつ性能は上がってきています。
ヒートポンプの特性を活かした工夫をすれば灯油ボイラーに取って代わるかもしれません。

閲覧(14353)

新しくコメントをつける

題名
お名前   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

«前の月次の月»
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
アクセス数
1828745 / 日記全体
RSS配信
社長 さんの日記



 
     
pagetop
ID : Pass :  | register