CONTENTS
Heating News
Hits Counte
今日 : 903
昨日 : 1185
今週 : 3892
今月 : 18528
総計 : 1708679
平均 : 597
From2007.09.13
     
TOP  >  つれずれBlog  >  社長  >  床暖房定期点検  >  循環ポンプから不凍液漏れ

社長 さんの日記

2011
1月 31
(月)
18:13
循環ポンプから不凍液漏れ
カテゴリー  床暖房定期点検
本文
高崎市のお客様からお電話を頂きました。
不凍液が少なくなってしまいエラー出て運転できないので、補充して欲しいと連絡を頂き行って来ました。

床暖房の不凍液はご使用になると蒸発して少しづつ減りますので定期的に補充が必要に成るのです。

お客様はお留守だったので、外部からリモコンを別のリモコンを接続して症状を確認します。
確かにエラーP7で不凍液の減少により安全装置が働き停止しています。
リザーブタンクに不凍液を補充して再度運転します。
エラーも消え運転しましたので、他の場所を点検すると写真の様に循環ポンプから不凍液が漏れていました。
やはり数年ご使用になっていると、振動によってネジがゆるんで漏れてしまう事も有ります。
締め付け後、各部の点検と清掃を行い完了です。

床暖房ボイラーも機械ですから、自動車のように定期的に点検を行う事をお勧めいたします。

定期点検、修理のご依頼はヒーティングサービス
0274−50−1237までお願いします。




閲覧(15266)

新しくコメントをつける

題名
お名前   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

«前の月次の月»
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
アクセス数
1725639 / 日記全体
RSS配信
社長 さんの日記



 
     
pagetop
ID : Pass :  | register