CONTENTS
Heating News
Hits Counte
今日 : 769
昨日 : 890
今週 : 2762
今月 : 16150
総計 : 1846792
平均 : 614
From2007.09.13
     
TOP  >  つれずれBlog  >  社長  >  床暖房メンテナンス  >  不凍液が劣化して詰まる

社長 さんの日記

2011
11月 10
(木)
21:10
不凍液が劣化して詰まる
カテゴリー  床暖房メンテナンス
本文
高崎市の築7年になるお宅に不凍液交換に行って来ました。

お客様にお話しを伺うと、部屋の北側は暖まるけど南側が暖まらない状態だそうです。

こちらのお宅はガスボイラーで温水回路が3回路になっています。不凍液を抜いて見ると確かに汚れています。(写真では分かりずらいですが沈殿物がバケツの底に溜まっています)
確かに南の回路の流れが悪く不凍液がなかなか出てきませんでした。

入っていた不凍液は3年で交換が必要なものでした。
今回入れ替えたのは10年保障のロングライフ不凍液にしましたから10年間は交換がいりません。

交換作業が終了後、試運転して床の温度を測りましたが南側の回路もしっかり暖まっていました。

不凍液が古くなると劣化して床暖房配管の中に詰まることも有りますので、不凍液の交換は定期的に行ってください。



閲覧(14241)

新しくコメントをつける

題名
お名前   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

«前の月次の月»
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
アクセス数
1846820 / 日記全体
RSS配信
社長 さんの日記



 
     
pagetop
ID : Pass :  | register