CONTENTS
Heating News
Hits Counte
今日 : 418
昨日 : 1185
今週 : 3407
今月 : 18043
総計 : 1708194
平均 : 597
From2007.09.13
     
TOP  >  つれずれBlog  >  社長  >  床暖房メンテナンス  >  10年交換しなかった不凍液

社長 さんの日記

2012
11月 21
(水)
19:08
10年交換しなかった不凍液
カテゴリー  床暖房メンテナンス
本文
前橋市のお客様から床暖房が調子悪いと連絡を頂きメンテナンスに伺ってきました。

点検をするとボイラーは白い煙と変な臭いを出しながら不完全燃焼状態で点火しました。
でも、少しすると火が消えてしまいます。
循環ポンプを点検すると作動していません
循環ポンプが動かないのでボイラーのからの温水が床に循環せず床が暖まらなかったのです。

循環ポンプを交換するのに不凍液の交換も行う事にしました。

この不凍液は3年で交換する物でしたが10年間水を継ぎ足しながら使っていたそうです。

写真を見ていただければお分かりですが、とても汚れていてサブタンクや配管、ボイラーの内部まで凄い状態でした。

不凍液はボイラーからのエネルギーを床に伝える大切な役目を果たしていますから、このように汚れているとロスも多く成ってしまいます。

不凍液には凍結防止剤や防錆材などが入っていて床暖房システムを保護しています。
不凍液が劣化してしまうと床暖房システムにも傷害が出てしまいますので出来る限り定期的に交換をしてください。

ヒーティングサービスでは2004年より10年保障のロングライフ不凍液を使用していますので10年間はそのまま使えますのでご安心下さい。

このボイラーの不完全燃焼の修理は後日にお伝えいたします。




閲覧(28001)

新しくコメントをつける

題名
お名前   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

«前の月次の月»
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
アクセス数
1725197 / 日記全体
RSS配信
社長 さんの日記



 
     
pagetop
ID : Pass :  | register