CONTENTS
Heating News
Hits Counte
今日 : 101
昨日 : 902
今週 : 1003
今月 : 21823
総計 : 1826856
平均 : 612
From2007.09.13
     
TOP  >  つれずれBlog  >  社長  >  ボイラー交換  >  1995年サンヨーAK-31交換下見

社長 さんの日記

2015
6月 21
(日)
09:30
1995年サンヨーAK-31交換下見
カテゴリー  ボイラー交換
本文
長野県は軽井沢町のお客様からお電話をいただきました。
20年経った1995年製造サンヨーAK-31床暖房ボイラーを交換をしたいとのことです。

地元の業者に不凍液の補充を依頼しているのですが、すぐになくなってしまうのでボイラーの交換と一緒に配管の点検もお願いしたいとの内容でした。

その日のうちに現場に伺うと、
ボイラーは建物の北側で階段を10段程上がり、
更に擁壁を上った2階の高さの所に付いていました。
今の時期で良かったこれが冬で雪が降っていて
階段が凍っていたら大変な工事に成っていたと直ぐに思いました。

さて、現場確認です。
最初に依頼には入っていなかったのですが、オイルタンク内部の確認です。
やはり見事にサビています。
20年使っていると仕方ありませんが交換した方が良いでしょう。

次にシステムの確認です。
写真に有ります様に、ヘッダーで多くの回路に分岐されています。
床暖房以外にも温水ルームヒーターが4台あるみたいです。

このサンヨーAK-31は膨張タンクと循環ポンプが付いていないので外付けになっています。

続いて、配線の確認です。
ボイラー電源、循環ポンプ電源、リモコン線、コントローラー熱動弁配線などを確認します。

循環ポンプだけ運転して配管の漏れを確認しましたがわかりませんでした。
今日はお客様不在ですので、ボイラーの交換の時に内部の配管も確認します。

現場確認作業はこれで終わりです。
お客様にはこちらの現場に合ったボイラーを選択してお見積りを提示させていただきます。

交換後の日記は後日に書かせていただきます。






閲覧(9970)

新しくコメントをつける

題名
お名前   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧

«前の月次の月»
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
アクセス数
1829534 / 日記全体
RSS配信
社長 さんの日記



 
     
pagetop
ID : Pass :  | register